アイデア出し段階での発想を転換させ、新規事業の事業化に成功



ご依頼内容:

東証一部上場の化学メーカーであるA社は、自社技術を活用しての新規事業立ち上げを検討するも、既存の製品の改善にとどまるアイデアしか出てこない状況を打破するべく、新規事業開発研修を通じて社員のフォローアップ、事業化までのご支援の依頼をいただく。


実施内容及び解決策:

ヒアリングにて、アイデア出しが難航していた要因は、他社の事例を参考にしすぎていることだと判明。差をつけられつつあった競合の成功事例をはじめ、他社事例の分析をするあまり、着目点が小さな技術的差異に偏り、すでに世の中に存在するアイデアの模倣ばかりになってしまっていた。

そこで、研修では環境変化から事業を考えることをご提案。

今までの視点を大きく転換させ、「20年後に地球の平均気温が2℃上昇したとき、世界はどうなるのか」という前提をおき、各業界におけるニーズ仮説を立てることからスタートした。

まずは考えられるだけの仮説を並べたところ、約1000個もの案が集まった。そこからニーズの高さや市場の規模の観点からみて可能性があるものとして100個ほどにし、その後自社の強みや競合の動きを絡めて詳細を詰めた事業仮説として最終3個に絞りんだ。


結果:

最終3個の仮説のうち、新分野ヘルスケアにおける事業仮説が社長に承認され、事業化に至った。新たな分野にて事業の可能性を見出したことは、競合との差を縮めるだけでなく、違った視点からも会社を認知してもらうきっかけにもなり、会社にとって大きなプラスとなった。


※この記事は秘密保持のため一部フィクションが含まれています

logo.png

​プライマルホールディングス株式会社

〒105-0014

東京都港区芝一丁目6番10号 芝SIAビル3F

  • Facebook
  • Twitter

​© 2020 Primal Holdings Co.,Ltd

お問合せ・採用応募

​採用応募の方は下記内容もご入力ください

履歴書
※最大25MB
職務経歴書
※最大25MB

※pdf, doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, odp, odt, epub(25MBまで)