ユーザーの生声を直に感じて開発~モノづくりの原点へ~

現在、取り組まれている新規事業の内容について簡単に説明をお願いします

ハッチング支援システムっていう感じですね。

多くの商材を扱っている企業内において、それを企画と営業とのコミュニケーションをサポートしようというのが軸になっています。具体的にいうと、営業が商材を深く理解しきれていないがために受注を逃していたり、企画のフォロー次第では受注できたかもしれない案件を取りこぼしていたり、といった課題をツールで解決できないか、というところです。




どのように関わっていらっしゃるのでしょうか?

ツールの開発ですね。

もともとのアイデアや構想は上司が行っていて、私は「どういう仕組みでどうやったら実現できるか?」と、上司から相談を受けて、開発の観点から色々と提案をしたのがきっかけです。セキュリティの観点を考慮して別の実装方法を提案したところ、じゃあその方向で作ってみようということになり、現在構築に携わっています。

また、構築していく中で、営業担当へのヒアリングを受けて機能追加の提案をし、システム内容自体もどんどん変化していっています。前職はプログラマー職で、自分がいかに営業がなんたるやかを知らない、ということを改めて感じさせられることばかりです。



ヒアリングの結果、どういったフィードバックがあったのでしょうか。

一言でいうと「これでは使えないな」っていう反応でしたね。苦笑

当初想定していた場面での機能のみならず、営業としては欠かせない提案前の段階の機能が抜け落ちていたり、ユーザーの負担を減らそうとして組み込んだ設定が、肝心の情報を伝達するには不十分で、結果何ら機能しない設定だと分かったり。。

これは実際に現場に意見を聞かないとわからなかったことですね。



ユーザーの声は大事なんですね。

前職ではこういった機会は殆どなかったかもしれません。

エンドユーザーが全く見えず、自分が納得いかない仕様のまま、SIerから言われたとおりに作ることが多々ありました。また、SIerが決めた仕様によって、用いるフレームワークの本来の良さを損なった形でのアウトプットになってしまい、歯がゆいこともありました。


現在は厳しくもありがたいユーザーの生声が近くにあります。むしろ自分で聞きに行って、システムにフィードバックさせて、使えるシステムにしていきます。システム構築や機能の作り方について、提案する機会もあり、本来のモノづくりの楽しさを実感しています。





logo.png

​プライマルホールディングス株式会社

〒105-0014

東京都港区芝一丁目6番10号 芝SIAビル3F

  • Facebook
  • Twitter

​© 2020 Primal Holdings Co.,Ltd

新規事業立ち上げに関するお問合せ/採用応募

​採用応募の方は下記内容もご入力ください

履歴書
※最大25MB
職務経歴書
※最大25MB
その他
※最大25MB

※pdf, doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, odp, odt, epub(25MBまで)