大企業・ベンチャー企業を経験し、更なる成長をつかむ

「更なる成長」を求め、新たなチャレンジ

私は新卒で大企業に入社後、企業の成長をサポートしたいという思いで、創業間もないコンサルティングに転職し、M&Aのアドバイザリー業務などに従事していました。ベンチャー企業を選択したのも、大企業では経験できないスピード感や若いうちから裁量権と責任を持って事業を推進していきたいと思ったからです。


前職にいた頃、社内での自社新規事業が開始されるということで運良く自身が携わる機会がありました。顧客獲得を進めていき売上が立ち始めてきたことに喜びを感じた反面、新規事業の進め方に漠然とした不安を感じていました。


「このままで大丈夫なのか…」と考えていた時、顧客や業界プレーヤーの生声を拾いながらビジネスモデルなどをブラッシュアップする「ハッチング」という技術を重視しているというプライマルの存在を知りました。

新規事業が上手くいく教科書はないとは思ったものの、結局は数をこなして経験してノウハウを身に着けていくしかないと考え、実績のあり支援という立場から場数が多く踏めるプライマルに目を向け、「新規事業立ち上げのノウハウを身につけ、実際に新規事業も立ち上げたい」という思いでプライマルに入社することを決意しました。



何から手をつければいいのかわからず暗中模索の状態

実際に新規事業の立ち上げに関わってみると、アイデア出しやアライアンス候補先や顧客への提案書の作成、ビジネスモデル検証、クライアント社内向けの報告資料作成など、やらなければならないことが非常に多いことに気づきました。


いったい何から手を付けたらよいのか…

入社当時は進め方ややり方がわからず、日々悩み、毎日上司やプロジェクトメンバーに相談しながらプロジェクト進めていました。


一方で、事業開発のフェーズごとに新たな課題も浮き彫りになり、長い時間をかけて決定した方針やアイデアがまた振り出しに戻ることもありました。


とはいえ、暗中模索の中でも「クライアントに価値を提供する」ことがわたしたちの使命です。


業界に詳しい方や業界プレーヤーにアポイントをとって実際に話を聞きに行ったり、親族や知人にも関係者がいないか確認し、ヒアリングの時間をもらったりして、現場の生声をクライアントに共有するなどを実践したり、クライアント社内の関係部署との調整も並行して社内関係者の意見をふまえて提案するなどして、プロジェクトが円滑に進むよう配慮しながら、成功に向け奔走しました。




クライアントが本当に求めていることは何か

クライアントに提案すると言っても、実際にはクライアントの中には思い描いている構想ややり方があり、たとえ現場の声や社内関係者の意見であっても、クライアントの意向に沿わなければ提案は受け入れられませんでした。

プロジェクトの成功に向け毎日駆け回っていましたが、当時はそのことがわからず、提案を続けても受け入れられずの繰り返しとなり、案件も上手くいかず、ついには案件継続ができませんでした。


クライアントからは「やってほしいことをやってもらえない」と思われていたかと思います。いつの間にか自分本位になっていたのかもしれません。


そこで、「まずはクライアントのやりたいことをやってみよう。そのうえで、より良くできそうであれば複数の仮説をもってぶつけてみよう。クライアントが本当に求めていることを探ってみよう」と考え出すようになりましたが、ただ単にクライアントのやりたいことを実行するだけではクライアントにとっては何か物足りず、それだけでは上手くいきません。


そのバランスの難しさなど日々悩んでいましたが、上司への相談がきっかけとなり、どれだけ一生懸命取り組んでいても「クライアントが本当に求めていること」を理解しなければ何事も上手くいかないことに改めて気づき始めました。


そのことに気づいてからは、自分自身の行動を変え、 ・クライアントとの対話時間を意識的に増やす ・クライアントの困難に寄り添い、緊急対応を一緒に乗り越える ・依頼を受けていなくても、議論の中でクライアントからやりたいことの話が出た際には率先して巻き取る

これらを意識的に行っていった中で、ようやくクライアントから個別で相談を受けたり、「非常に助かる」などの声をいただくことが増え、自身の成長をやっと感じることができたと思います。


プロジェクトが上手くいくかどうかということも重要ですが、それよりもまず「クライアントの味方に徹する」ことの重要性にも気づくことができました。



成長を楽しむ

周りの先輩や上司は「チャレンジすることを楽しみながら仕事を進めている」ことを感じます。チャレンジしたことで始めて気づきや経験を得られ、自身の成長に繋がるのだと考えています。


失敗もあると思いますが、チャレンジした上で発生する失敗を経験することをプライマルでは推奨しています。


私自身もプライマルでチャレンジして失敗した分、気づきが得られるため、入社前に望んでいた新規事業立ち上げのノウハウが蓄積されている実感があり、自身の成長につながっています。


プライマルは新しいことへのチャレンジは全力で応援してくれるので、新規事業立ち上げに携わりたい方や何事にも挑戦したい方あるいは「やりたいことが色々とあるので、話を聞いてもらいたい」という方は是非一緒に働きましょう!