【メンバー・マネージャー対談】携わっているプロジェクトについて聞きました!

Speaker:メンバー K

新卒では大手メーカーに入社。

2021年3月中途採用でプライマル株式会社に入社。

慈善活動の域をなかなか抜けられないSDGs,ESGといった領域において、利益の創出と社会貢献との両立ができるような事業の立ち上げを目指す。


Speaker:マネージャー N

2018年3月中途採用でプライマル株式会社に入社。

最年少マネージャーとして現在はチームメンバー13名を率いている。

若手を率いたチームで、プライマルの成長をさらに加速させようと日々奮闘中。



question : 1 現在、携わっているプロジェクトはどのようなものですか?

メンバー:

ある大手企業さんの中で、次の事業の柱となる事業を生み出し、大きくするというところに関わっています。

もう少し詳しく言うと、新規事業を生み出す仕組みはできている会社さんなのですが、

生み出した新規事業を上手く営業組織に展開し、売上を立てていくというところにボトルネックがある状態でした。

最新技術を用いた新しい商材がどんどん開発されていくものの、その商材の売り方が企画側も営業側もわかっていないという状況に対して、私たちは10名程度の規模のチームで企画側、営業側双方に入り込み、上手く間を繋ぎながら営業戦略を描き、営業部隊に落とし込むという支援を行っています。 マネージャー:

企画、営業の双方に入り込み、営業戦略のPDCAを高速で回し、ブラッシュアップしていくことで新規商材の売上拡大に貢献しています。

また、支援が一過性に終わらないように、営業側に入っているメンバーから各営業部の営業マンの育成も行うことで、新規事業の成長を促す営業組織づくりもしています。


question : 2 プロジェクトを遂行する上での役割はどのようになっていますか?

メンバー:

役割としては戦略部門と支社の営業メンバーの大きく二つに分かれています。

プライマルメンバーを各支社に配置して、支社のプライマルメンバーと協力しながら成功事例を作っていきます。

そして今度はプライマルのメンバーと各支社の営業マンと一緒に営業を行って、営業手法の浸透を図っていきます。

私は、各支社の営業メンバーの意見を吸い上げて、戦略に落とし込み、検討した戦略を支社の営業メンバーに伝える役割を担っています。



question : 3 プライマルに入ってよかったことを教えてください

メンバー: 前職は大手のメーカーに勤めていたのですが、大手は大事に育成してくれるのですが、

みんなできることを課せられているのが、自分としては物足りなさを感じていました。

プライマルに入ってからは、自身の強みを伸ばすことを念頭に置いて、配属するプロジェクトやプロジェクトでのポジションを考えていただいています。


周りにいるメンバーも強みを発揮して仕事をしているので、大きな影響を受けています。

何よりコミュニケーションを通じて、自分自身が周りのメンバーへ影響を与えられていると感じるからこそ、

楽しく仕事ができていると感じます。

自分にしかできないことを見つけられるのがプライマルの良いところだと思います。

自身の強みを引き出したい方にはぜひ入社してほしいと思います。 次回に続く

次回は、マネージャーからみたメンバーの成長についてご紹介します。